携帯 分割 できない

任意整理後の生活

 

任意整理後はクレジット不可に

 

スマホの新機種が発表されると変機種変更したいなと思うことも多いでしょう。携帯電話会社では、機種変更の際も分割購入でOKです。

 

クレジットカード払いなので負担感も少ないでしょう。しかし、任意整理をするとどうなってしまうのでしょうか。

 

任意整理をするとブラックリストとして信用情報機関に登録されます。

 

登録をしない信用情報機関もあるようですが、どこかの信用情報機関に登録されますから逃げることはできません。

 

このデメリットは携帯電話の支払に直結します。しかし、任意整理対象になっていないクレジットカードでも、ブラックリストに載ったとバレると更新してくれないからです。

 

クレジットカードは使用できない

 

このようにクレジットカードが使えなくなると、携帯電話の支払をどうするかが問題になります。

 

もちろん日常生活の支払でクレジットカード支払ができないと非常に不便です。

 

ただ、任意整理を開始するとクレジットカードを全て解約することが少なくありません。

 

更新の際に債務整理の対象としていない信販会社にも任意整理をしていたことがバレるからです。

 

ブラックリストに載る弊害

 

ブラックリストに載る、又は載っていることを知られると、審査で落とされるだけでなく、将来の契約にも悪影響を及ぼします。

 

信用情報機関のデータは5年で消えますが、信販会社で作成している独自のデータはもっと長期間保管されるからです。

 

携帯電話の支払方法は

 

支払いどうしよう

 

コンビニ支払

 

携帯電話の毎月の支払方法はクレジットカード払いばかりだと思っている人も多いでしょう。

 

しかし、クレカ嫌いの人などはコンビニで払込票を使って支払っている場合も少なくありません。

 

任意整理をするとクレジットカードが使えなくなりますから、コンビニ支払を選択することも少なくないでしょう。

 

デビットカード

 

クレジットカード支払ができなくてもデビットカードがあるじゃないかという人も少なくありません。

 

ただ、携帯電話会社によってはデビットカード支払ができない場合があるので注意が必要です。

 

デビットカードや携帯電話会社によって違いがあるので、事前確認は必須でしょう。

 

分割購入はできない

 

分割できない場合はどうする

 

さて、機種変更の際に欠かせないと言われる分割購入はどうなのでしょうか。

 

結論から言うと、任意整理をすると分割購入はできません。

 

クレジットカードを使用しての支払いは当然ダメなのですが、デビットカードが使えたとしても分割購入となると携帯会社によっては使用不可のところもあるのです。

 

携帯電話会社も「信販会社」

 

自分の信用情報を開示させ、内容を見た経験がある人はご存知でしょうが、ドコモなどの携帯電話会社は「信販会社」でもあります。

 

携帯の分割購入は利息を支払っていませんが、代金の立替をする以上は相手の素性を確認する必要があるのです。

 

そのため、自ら信販会社となり、信用情報機関に登録した上で分割購入の際に信用情報を照会しています。

 

分割購入で機種変更をする際、面倒そうな説明書を読まされ、確認したと意思表示をさせられているはずですが、そこで信用情報へのアクセスを承諾しているのです。

 

承諾しないと機種変更は一括払いにするしかありません。

 

ブラックリストは把握している

 

そのため信用情報機関でブラックリストに該当していたら分割購入は拒絶されます。

 

事情によってはOKのケースもあるようですが、あてにしない方がいいでしょう。

 

少なくとも、携帯電話会社はブラックリストの登録を把握しているのです。

 

専門家に相談して事例を聞くことも

 

無料で相談できるらしい

 

では、任意整理はしないほうがいいのでしょうか。

 

任意整理を検討しているということは、お金が苦しい人でしょう。

 

そんな状況で携帯の機種変更を一括払いにすることは現実的ではありません。しかし、任意整理をすることで毎月の支払は減ります。

 

貯金ができる人も多いでしょうから、一括払いの資金を貯めることも可能です。どちらを優先すべきか言うまでないでしょう。

 

生活の立て直しは急務

 

借金返済が苦しい人は、往々にして消費者金融などからお金を借りて借金返済をしようとします。

 

しかし、元本が増え、自転車操業となり、毎月の返済が苦しくなるだけでしょう。

 

なぜなら、利率が高く返済しても元本は余り減らないのに対し、新規借入によって元本が増えるからです。これでは意味がありません。

 

どこかでこの悪循環を断ち切らないと傷口が広がるばかりです。

 

弁護士の無料相談を活用

 

こんな際に頼りになるのが弁護士の無料相談です。

 

債務整理を得意としている弁護士は相談料を無料としていることが多く、お金に困っている人でも安心して相談の申込ができます。

 

最初の相談は30分程度ですが、この間にどんな債務整理が必要かを判断しアドバイスしてくれます。

 

携帯電話の支払もいい方法を教えてくれるでしょう。

 

スマホの新機種を一括払いで購入することは現実的ではありません。

 

しかし、それを嫌い、債務整理を引き延ばすと、任意整理で対応できたはずが、デメリットも多い自己破産しか取る手段がなくなることが多いです。

 

債務整理を検討する人は、借金返済で生活が成り立たなくなりつつあります。

 

そんな生活から脱出するためには、弁護士の無料相談を受ける決断が必要です。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。