債務整理 ローン 車

債務整理が影響する場合としない場合

 

債務整理のデメリットが不安

 

債務整理をしようかどうしようか迷っている人の中には自分の自動車ローンがどうなるか不安に思っている人も少なくないでしょう。

 

自動車がないと生活できない人であれば、ローン支払中の自動車が没収されると死活問題です。実際にはどうなるのでしょうか。

 

債務整理をする場合、自分が利用している自動車ローンがどうなるかが不安になる人も少なくないでしょう。

 

しかし、自動車ローンの多くは債務整理とは無関係です。

 

債務整理の多くは、債務の「選択」ができます。

 

言い方を変えれば、都合の悪い借金の返済は継続すればいいのです。デメリットは案外多くありません。

 

自己破産は影響する

 

ただ、自己破産のように自分の財産を全て差し出さなければいけない場合は話が別です。

 

債務整理の中で自己破産に人気がある理由は、借金がすべて免責になることが挙げられますが、それは財産がない人がほとんどだからと言えます。

 

自動車の状態にもよりますが、新車を買ったばかりの時期に自己破産をすれば、自動車は没収されるでしょう。

 

整理しない債務は切り離せます

 

これに対し、任意整理のような法律に基づかない債務整理は自動車ローンを切り離すことができます。

 

無担保融資の消費者金融などだけを債務整理の対象とし、問題が起きる可能性がある自動車ローンはそのままにすることができるのです。

 

ただし、収入と債務のバランス、つまり今後も引き続き車のローンと減額した債務を返済していけるかを見極めて任意整理を選ぶことになります。

 

自動車ローンの債務整理

 

車がどうなってしまうのか

 

では、自動車ローンの支払ができず債務整理をする場合はどうなるでしょうか。

 

この場合も、事情によっては自動車そのものに影響を及ぼすことなく債務整理が可能です。

 

つまり、債務整理による車に対するデメリットがない場合があります。

 

ディーラーローンの場合は没収

 

ただ、ディーラーで自動車ローンを申し込むと、車検証にディーラーが「所有者」として登録されます。

 

つまり、返済できないと「所有者」であるディーラーが自動車を没収するのです。

 

そして、売却代金を信販会社などに「返済」して債務整理が決着します。

 

先ほど紹介した任意整理などに応じてもらえる可能性は皆無でしょう。債務整理をすることによる大きなデメリットと言えます。

 

金融機関のローンなら没収されない

 

これに対し、銀行等のマイカーローンは自動車購入のために借入をしているのですが、無担保融資なので車に対するデメリットはありません。

 

つまり、消費者金融などにお金を借りている事と同じなのです。

 

自動車はそのまま引き続いて所有できます。

 

ただ、任意整理の交渉をしようとしても、自動車という財産を持っていることを相手は知っていますから決着は難しいかもしれません。

 

新しいローンは組めるのか?

 

ローンは利用できるの?

 

では、任意整理をした後に自動車ローンの契約はできるのでしょうか。

 

債務整理をすると信用情報機関にブラックリストとして登録されます。

 

もっとも、信販会社系の信用情報機関CICは任意整理をブラックリスト扱いにしないと言われており、直接の影響はありません。

 

ただ、ローン契約をする金融機関は他の信用情報機関にも登録しており、そこには任意整理であってもブラックリストとして登録されます。

 

任意整理後5〜7年間は無理

 

このようにブラックリストとして登録がされていると、ローン契約は絶望的です。

 

そのため、通常は自動車ローンの新規契約は難しいと言えるでしょう。

 

債務整理をすることのデメリットと言えるのではないでしょうか。

 

ディーラー独自のローンならOKかも

 

ただ、ディーラーが独自にローンを組ませてくれることがあります。つまり、ディーラーがお金を貸してくれるのです。

 

大手のディーラーでは無理ですが、街の小規模な自動車屋さんであれば応じてくれることがあるようです。

 

返済がきついならまず専門家に聞いてみる

 

教えてほしい、債務整理のこと

 

このようにデメリットもある債務整理ですが、現在自分が支払っているローン返済がきつく返済が滞るようであれば、早めの相談がお勧めです。

 

相談の機会が遅れるほど滞納による借金が膨れ上がり、債務整理の方法が限定されるデメリットがあります。

 

早めの相談がデメリットを食い止める

 

債務整理には任意整理のようなダメージの少ないものから、自己破産のようにダメージが大きなものまであります。

 

自己破産には隠れた大きなデメリットがあるため、できれば避けたいものですが、借金が大きくなりすぎるとやむを得ません。

 

そのようなデメリットを食い止めるためには早めの相談が必須と言えるでしょう。

 

無料相談で最適な解決法を聞く

 

債務整理を得意としている弁護士は初回相談料を無料としていることが多いです。

 

この無料相談は30分程度ですが、その内容は濃く、この相談だけで債務整理の要否や必要であればどんな債務整理をするかのアドバイスをしてくれます。

 

ちょっと返済が苦しいなと思ったら、迷う前に一度相談することをお勧めします。

 

自動車を持つ人の任意整理は気を遣います。

 

しかし、自動車ローン以外のローンを債務整理の対象とするなら問題ないことが多いです。

 

ただ債務整理後に車のローンを組むことは非常に難しいでしょう。

 

信用情報機関にブラックリストとして登録されるためです。

 

とはいえ、現在支払中の借金返済がきついのであれば、深刻なことになる前に債務整理の相談を弁護士にすべきでしょう。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。

債務整理とローン|車は?債務整理後どうなる?記事一覧

自転車操業の実態とは自転車操業というと、企業、事業所などが運転資金を借金で回しながら操業している状態を思い浮かべると思います。これを個人でしている場合は、借金返済を続けるために他の貸金業者から借金をしては返済を続けている状況です。自転車を漕ぐように走り続けなければいけない、走るのをやめると倒れてしまうのでこのように言います。でもこんなこといつまでも続けられないことはお分かりでしょう。どうすれば良い...