借金 返せない どうする

借金が返せない時どうすればいいのか

 

もう返せない…どうしよう

 

借金が返せないからと開き直ってしまう人もいるようです。

 

しかし、それは賢明な方法ではありません。消費者金融は踏み倒せるほど甘い相手はないのです。

 

訴訟に持ち込まれ、自分の給料を差し押さえます。その前に自分の身は自分で守らなければいけません。

 

借金の督促をされてもお金がなかったら返済できないと言われるかもしれません。開き直ってしまう人もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、消費者金融は勤め先に来て給料を差し押さえようとしたり、預金や車などを差し押さえたりして貸金を回収しようとします。そんな「被害」に逢う前に行動を起こさなければいけません。

 

督促状が届いたら赤信号

 

消費者金融などから督促状が届くと、その時点で訴訟の準備を始めていると思った方がいいでしょう。

 

訴訟になれば自分が負けることは目に見えていますし、敗訴となればすぐに差押が開始されます。

 

予告があるだけマシだと言えるかもしれません。すぐに行動を起こすべき時と言えるでしょう。

 

ただ、どうすればいいかわからない人も少なくありません。最初にすべきことは法律事務所への相談です。

 

借金問題を専門としている法律事務所は少なくありません。督促状が届いたらすぐ相談すれば、対処もスピーディーにできるはずです。

 

もう時間がないと判断するタイミング

 

督促状が届いていますか

 

このように督促状が届くと、消費者金融は「臨戦態勢」に入っていると言っていいでしょう。

 

督促状には「期限」が載っていますから、何の連絡もなければすぐに訴訟を起こされます。

 

訴訟になったら自分が圧倒的に不利になることは当然です。時間がないので早めの行動が必要になります。

 

督促状が届いたら早い対応を

 

督促状が届くと、ちょっとびっくりするような「激しい」内容が書いてあります。

 

文体は丁重ですが、書いてある内容は非常に怖く、しかもタイトルの「督促状」という文字が赤書きで書かれていることも少なくありません。

 

先ほど「赤信号」と述べましたが、正にそのとおりなのです。

 

裁判所に訴えられる可能性

 

このように臨戦態勢の状態にある中で届いた督促状を「タダの脅しだ」と相手にしないのは危険すぎます。期限翌日には訴えられていることも決して少なくありません。

 

訴訟を起こされると裁判所から呼び出しがかかります。もちろん「被告人」としての呼び出しです。

 

出廷する人は少なく、ほとんどは「欠席裁判」となり、そのまま消費者金融は差押令状を請求し、勤め先や銀行で差押が実行されます。

 

訴訟の前に債務整理という選択

 

誰かに対処法を聞いてみたい

 

給料の差押は会社に迷惑がかかるだけでなく、自分の信用が地に堕ちます。

 

そんなことになる前に行動を起こさなければいけないと述べたのです。

 

ただ、自分がすべきことは難しくありません。借金問題を専門としている法律事務所に相談をするだけです。

 

具体的に述べれば、自分の債務と収入を全て正直に弁護士に話し、どの債務整理を選択するかアドバイスを受けます。

 

任意整理

 

債務整理と聞くと自己破産を思い浮べる人も多いかもしれません。

 

しかし、実際には法律に基づかず、交渉により決着をする任意整理の方が多いです。

 

「決着」と述べましたが、実際には3年程度で借金の元本を全額返済することを条件に利息を免除するケースがほとんどです。毎月の返済額が激減し、すんなりと完済できます。

 

法的整理

 

これに対し、元本返済が難しい場合は元本カットに踏み込む法的整理が選択されます。住宅などだけ残すことができる個人再生や、財産を全て換金して借金をチャラにする自己破産が挙げられるでしょう。

 

ただ、これらの方法は官報に自分の名前が載るデメリットがあります。現在の官報はデジタル官報なので一生残る汚点となるリスクがあるのです。

 

専門家に現状を話して意見を聞く

 

聞きたいけど敷居が高い気もする

 

このように債務整理にもいろいろな方法があり、メリットもデメリットもあります。ただ、どの方法を選択するかは素人ではわかりません。

 

そのため借金問題を得意とする弁護士に相談することが大切になるのです。借金が返せないのは仕方ありません。しかし、どうするか迷っているうちに訴訟になってしまっては大変です。

 

素人判断は危険

 

最近は裁判所で自己破産の手続を指導してくれるようです。実際に自分で手続をした人もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、官報に載った日に著しい数のダイレクトメールが届いたり、詐欺師やヤミ金の来訪を受けたりすることまで予想していなかったはずです。

 

こんなリスクがある債務整理なので、メリットもデメリットも知っている法律家に相談することが必要なのです。

 

メールでも相談できます

 

もっとも、法律事務所への相談は堅苦しいものではありません。

 

弁護士の前で話をするのが緊張するというのであれば、気軽なメール相談も可能です。もちろん無料で相談できるので利用することをお勧めします。

 

借金問題の解決はたやすくありません。しかし、返済できなくなってしまったら万事休すだと思っていないでしょうか。

 

返済できないからと消費者金融は諦めてくれません。給料の差押を受けたら自分の信用は地に堕ちるでしょう。

 

その前に借金問題を専門としている法律事務所に相談しなければいけません。気軽なメール相談もあるのでぜひ利用してください。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。